お相撲さんのようにぽっこりお腹だけが出て、メタボ検診にひっかかるかもしれないと、ヒヤヒヤしている男性は多いですよね。

中には、ズボンの上にぽっこりお腹が乗っかってしまっている人もいることでしょう。

 

寒い時期はスーツや上着などで上手に隠せることができたぽっこりお腹も、暖かくなってくるにしたがって、薄着になり、目立つようになってきます。

お腹だけが出ているなんてかっこ悪いから、一刻も早くぽっこりお腹を解消したいと思っている人も多いでしょう。

 

しかし、仕事が忙しくて運動する時間が取れない人や、付き合いの飲み会が多くて、食事制限ができないという人もいますよね。

そこで、今回は忙しい男性でも簡単にぽっこりお腹を解消する方法をお伝えします。

 

この方法を実践することで、ぽっこりお腹を解消し、夏場もかっこよく服を着こなしてみませんか。

 

 

男性のぽっこりお腹の原因

男性と女性では、ぽっこりお腹になる原因が違います。

女性はホルモンの関係で皮下脂肪が付きやすく、下腹がぽっこり出ることが多く見られます。

一方、男性の場合は、内臓脂肪が付きやすいため、お腹の中心から外へ圧力がかかり、おへその奥あたりを中心としたリンゴ型の体形になりがちです。

 

そもそも脂肪細胞の数は、思春期以降は増えません。

しかし、内臓脂肪が増えると、なんと、脂肪細胞が巨大化するんです。

 

巨大化した脂肪細胞は、善玉のホルモンの働きを鈍らせ、悪玉のホルモンを出します。

そうなると、血管をきれいにして動脈硬化を防ぎ、脂肪の燃焼も助ける善玉ホルモンの動きが悪くなります。

 

そして、悪玉ホルモンの分泌がどんどん増え、血液を固め、血圧が上がるようになります。

その状況が長く続くと、体は悪い方向へ傾き、ぽっこりお腹もさらに巨大化してしまうことでしょう。

 

また、男女に関係なく、腹筋回りのインナーマッスルが衰えることも、ぽっこりお腹の原因となります。

なぜなら、インナーマッスルが衰えると、内臓を支える筋肉が弱くなるため、内臓が下がってしまうからです。

 

この場合は、内臓が元の場所に戻ってしまえば、ぽっこりお腹は解消されます。

しかし、内臓脂肪の巨大化も原因であれば、正しい位置に戻ったところで、ぽっこりお腹は何もかわりませんよね。

 

ですから、男性の場合は、内臓脂肪を減らすことが、ぽっこりお腹の解消に、重要な役割を果たすのです。

 

 

男性の簡単なぽっこりお腹解消法

世の中の男性の多くは、ぽっこりお腹を解消するために、特別な時間を設けられないですよね。

そこで、簡単なぽっこりお腹解消法を3つお伝えします。

 

1.食事を見直す

内臓脂肪が増えてしまった原因の多くは、脂質のとりすぎです。

ですから、毎食の脂質の量を減らす必要があります。

 

しかし、付き合いの多い人だと、自分だけ脂ものを避けるということができない場合もありますよね。

その時に活躍するのが、内臓脂肪を落としやすい食べ物です。

青魚やキャベツなどがそうですが、その中でも一番のおすすめは、大豆製品

 

大豆製品にはイソフラボンが含まれています。

実はイソフラボンには、脂肪の合成を抑え、脂肪を分解する働きがあるんですよ。

 

大豆製品の代表的なものは、味噌汁やお豆腐、納豆など、どんな食事でも取り入れやすいものです。

普段の食事に1品でいいので取り入れ、簡単にぽっこりお腹を解消しましょう。

 

2.有酸素運動を行う

内臓脂肪を減らすのに一番いい運動は、有酸素運動です。

ウォーキングやジョギングが代表的ですが、その時間をわざわざ取るのは難しいですよね。

 

ですから、日常生活に有酸素運動を取り入れましょう

例えば、通勤時に一駅分歩いたり、極力階段を使う、自宅ではまめに掃除をするなど、いつもの生活の延長であれば、簡単にぽっこりお腹も解消できるでしょう。

 

3.インナーマッスルを鍛える

内臓脂肪が減ってもインナーマッスルが衰えていたら、ぽっこりお腹が出たままになってしまいますよね。

ですから、インナーマッスルを鍛えて、内臓を正しい位置に戻しましょう。

 

こちらの動画は、家でも簡単に行えるインナーマッスルを鍛える方法を紹介しています。

ぜひやってみてくださいね。

 

<iframe width=”560″ height=”315″ src=”https://www.youtube.com/embed/SlChhTiEInU?rel=0″ frameborder=”0″ allowfullscreen></iframe>

 

 

まとめ

 

いかがでしたか。

男性のぽっこりお腹解消には、内臓脂肪を減らすことがとても重要です。

内臓脂肪が多いと、生活習慣病にかかりやすくなってきます。

生活習慣病になる前に、ぽっこりお腹解消法を実践し、内臓脂肪をやっつけましょう。

今回紹介したぽっこりお腹解消法は、どれも簡単なものばかりです。

まずはできそうなものから、一つずつ試してみてください。

続けることで、健康を取り戻し、元気に毎日を送ることができることでしょう。