この前、高校の同窓会のお知らせが届きました。

参加に〇をして返送した後で、私は重大な事実を忘れていたことに気が付いたんです。

それは、今の私の体重が高校時代に比べて10kg以上増えていること。

当然体形も変わって、ぽっこりお腹も出てしまいました。

こんな体でみんなと会うなんて、恥ずかしくてたまりません。

高校時代の体形に戻すことは無理でも、せめてぽっこりお腹だけでも解消しておきたい。

それも、簡単で早く結果ができる形で、と思う人は私以外にもたくさんいることでしょう。

そこで、簡単にできて、なんと1週間でぽっこりお腹が解消する方法を調べました。

ぜひ、私と一緒に挑戦してみませんか。

あなたの下腹はどんなタイプ?

ぽっこりお腹を解消するためには、お腹がぽっこり出てしまった原因を知る必要があります。

なぜなら、1週間という短期間で結果を出すためには、原因に直接アプローチするのが一番早いからです。

ぽっこりお腹になる原因は、大まかにわけると次の5つです。

どれに当てはまるか、自己診断してみてください。

実際に脂肪がついている

ぽっこりお腹になる原因で最初に思い浮かぶのが、脂肪がついている、ということでしょう。

実は、下腹につく脂肪には2種類あります。

内臓脂肪

一つ目は内臓脂肪で、不規則な生活や食生活の乱れなどの、普段の生活習慣が原因となって、筋肉の内側で内臓の隙間についてしまった脂肪です。

女性より男性の方がつきやすく、高血圧や糖尿病などの生活習慣病や、がんの原因になると言われています。

お腹が風船のようにパンパンに張って弾力があるので、お腹をつまめないときは、内臓脂肪がついていると判断できますよ。

また、内臓脂肪はつきやすく落としやすいという特徴があるので、生活習慣を改めればぽっこりお腹も簡単に解消されるでしょう。

皮下脂肪

二つ目は、皮下脂肪です。

皮膚の皮下組織というところにつき、体温を保温したり、栄養を蓄えるという役目があります。

女性は出産のために栄養を蓄えるので、男性に比べて皮下脂肪がつきやすく、一度つくとなかなか落ちません。

見た目では、たるんで張りがなく、段々腹となるのが、皮下脂肪の特徴です。

栄養を蓄えすぎているのが原因なので、有酸素運動をして、余っているエネルギーを使うことで、ぽっこりお腹の解消につながりますよ。

腹筋がない

腹筋が弱いと、内臓を支えることができないので、内臓が下がってしまい、ぽっこりお腹の原因となります。

細身の人や女性に多くみられます。

腹筋を鍛えて筋力をつけると、筋肉が内臓を引き上げるので、ぽっこりお腹は簡単に解消されることでしょう。

宿便が溜まっている

便秘で宿便が溜まっていると、ガスも発生するため、ぽっこりお腹となってしまいます。

この場合は、便秘を解消することが一番の解決策です。

ヨーグルトなどの発酵食品を多く取り入れ、腸内環境を整えましょう。

また、腹式呼吸をしたり、簡単なマッサージをして、腸の蠕動運動を活発化させることも、ぽっこりお腹の解消に役立ちますよ。

姿勢が悪い

背中を丸めた姿勢をいつもしていると、お腹の筋肉が使われにくくなり、お腹がぽっこり出てきます。

特に、猫背の人を周りから見ていると、ぽっこりお腹が出ているように見えますよね。

姿勢が悪いことは、ぽっこりお腹の原因の一つなんですよ。

解決法はずばり、姿勢をよくすること。

簡単に良い姿勢をとるには、床に膝立ちしてみてください。

背筋がすっと伸びていい気持ちになりませんか?

その姿勢が、あなたの正しい姿勢なので、普段からその姿勢を意識するようにしましょう。

内臓が垂れ下がっている

内臓は筋力が弱くても垂れ下がりますが、骨盤が開いていると、下がってきた内臓が骨盤に入ってしまい、ぽっこりお腹の原因となってしまいます。

ですから、骨盤を矯正し、内臓が垂れ下がってこないようにしましょう。

簡単に骨盤矯正をするには、整骨院に行くのが一番ですが、家で行う体操でも骨盤は矯正できますよ。

ぽっこりお腹解消が簡単に解消できる体操

1週間でぽっこりお腹を解消するには、誰にでもできるような簡単な体操がおすすめです。

まず、脂肪を燃焼させるための有酸素運動を取り入れましょう。

有酸素運動で思い浮かぶのは、ウォーキングやランニングなどですね。

しかし、なかなか時間が取れない人もいますし、雨の日には外にいけません。

そこで、室内でできる簡単な有酸素運動を紹介します。

この動画は、ハードな動きがなく、簡単なものばかりなので、ぜひやってみてください。

次に、腹筋をつけましょう。

足を上げて行う腹筋は、下腹部の腹直筋を鍛える効果があるので、ぽっこりお腹解消におすすめです。

初心者でも簡単にできる足上げ腹筋のやり方は、膝を曲げた状態で足を胸元に近づける方法です。

動作はゆっくり5秒くらいかけて行い、110回程度から始めましょう。

最後に、簡単に骨盤を矯正することができるお尻歩きをします。

両膝を伸ばして座り、腰をひねりながら左右のお尻を交互に動かしましょう。

 

前に10歩、後ろに10歩を1セットとし、13セット行います。

慣れるまでは、膝をまげておこなっても、効果は変わりませんので、ぜひ行ってみてください。

ぽっこりお腹解消 簡単 1週間でできる方法のまとめ

ぽっこりお腹を1週間で解消させようとすると、ハードな運動や厳しい食事制限が必要かと思いがちです。

しかし、普段の生活習慣を見直し、毎日簡単な体操を継続して行うことで、ぽっこりお腹は解消することができるのです。

まずはできることから始めて1週間続けてみましょう。

1週間後には、毎日続けることができたという達成感と、ぽっこりお腹の解消を実感することができるはずです。