女優の中越典子さんが7月20日から公演予定だった舞台『レインマン』を降板するというニュースが入ってきましたね。当初健康上の理由ということでしたが、中越典子さんの舞台降板理由は実際のところ何だったのでしょうか?病気との噂もありますが、妊娠が原因かもしれません。

スポンサーリンク


中越典子が舞台降板

中越典子さんが舞台降板を発表したのは2018年5月12日です。

出演するはずだった舞台は『レインマン』。

 

レインマンは1988年にアメリカで公開された映画です。

映画の原作はバリー・モロー氏。

ダスティン・ホフマン、トム・クルーズがダブル主演をした作品で、第61回アカデミー賞と第46回ゴールデングローブ賞、さらに第39回ベルリン国際映画祭においてそれぞれ作品賞を受賞しているというスゴイ作品です。

 

舞台『レインマン』での役どころはスーザンを演じます。

舞台『レインマン』のあらすじとキャスト

事業に失敗して破産寸前のチャーリー(藤原竜也)の元に、自分を勘当した父の訃報が届く。
莫大な遺産全てが自分のものになると期待して帰郷するが、財産を受け取るのは、いるはずのない兄のレイモンド(椎名桔平)だと聞かされる。
チャーリーはなんとか財産を手に入れようと、重度の自閉症患者である兄を施設から連れ出すことを決意するが・・・。

スポンサーリンク



キャスト

チャーリー・バビット:藤原竜也さん

レイモンド・バビット:椎名桔平さん

スーザン:安蘭けいさん

マーストン医師:横田栄司さん

娼婦のアイリス :吉本菜穂子さん

ブルーナー医師:渡辺 哲さん

中越典子の代役は安蘭けい

中越典子さんの代役でスーザン役を演じるのは安蘭けいさんです。

急遽の変更ですが、安蘭けいさんは元宝塚歌劇団星組のトップスター。演劇はお手の物ですね。

スポンサーリンク


舞台降板理由は?

公式での発表は『健康上の理由』となっています。

この報道がされたのは2018年5月12日。

 

この日の報道では「健康上の理由」以外の説明がなかったので、何か重い病気にかかったのでは?という憶測が飛びました。

ですが翌日5月13日になって続報が出ましたね。

 

この続報こそが中越典子さんの舞台降板理由でしょう。

 

それは

中越典子さんの第2子妊娠の報です。

 

この段階では第2子を妊娠しているという事実のみの報道で、詳しい状況の発表はありませんでした。

気になる出産予定は2018年末から2019年初めころと言われています。

また、第2子の性別もまだわかっていないようです。

スポンサーリンク


まとめ

最後にサクッとまとめます。

 

中越典子さんの舞台『レインマン』降板理由についてですが、

  • 降板理由は第2子を妊娠したため
  • 第2子の出産予定日は2018年末から2019年初めころ
  • 性別はまだわかっていない

です。

 

中越典子さんは現在38歳。

出産するには決して若い年齢ではありません。

無事に出産してほしいですね。

 

以上、『中越典子 舞台降板理由は?病気?妊娠?本当は何なのか?』でした。

最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク