国民的名探偵となる浅見光彦シリーズの生みの親、内海康夫先生の最新作品リストが気になりますね。2015年夏に脳梗塞(こうそく)に倒れ、小説執筆が難しくなりそのままになってしまいました。内海康夫先生の最新作品リストを見てみましょう!!

スポンサーリンク



内田康夫 作品リスト最新版は?

ミステリーファンにとって今年最大の話題作は、なんといっても作家・内田康夫さんの最新作「遺譜」だろう。

内田康夫さんが休筆宣言 未完の小説、完結編は公募でということっている。

日本の推理作家。旅情ミステリー作家の代表的人物として知られる。代表作である『 浅見光彦シリーズ』などの作品を執筆している内田康夫の作品

スポンサーリンク



内田康夫 作品リスト最新版は?

内田康夫 ウチダ・ヤスオ. 1934(昭和9)年、東京生れ。コピーライター、CM制作会社社長を経て、1980年『死者の木霊』で作家デビュー。1982年からは作家業に専念。 2008年、日本ミステリー文学大賞を受賞。名探偵・浅見光彦が登場する数々の作品は、 テレビ化・映画化もされ、多くの読者の圧倒的支持を得ている。また、2016年4月、 軽井沢に内田康夫財団の「浅見光彦 友の会」と「浅見光彦記念館」が開設予定。

スポンサーリンク



内田康夫 作品リスト最新版は?

内田 康夫. 発売日2017年5月12日. 書籍詳細; 著者・他. ISBN:978-4-620-10829 -2 定価:本体1,500円(税別) 判型:四六判頁数:336頁ジャンル:小説・評論. 3年ぶりの浅見光彦シリーズ最新作! 熊野古道を舞台にした、壮大な歴史ロマンミステリー。 未完小説『孤道』、2017年5月12日刊行。 『孤道』は毎日新聞で連載(2014年12月~2015 年8月)されていましたが、著者の病気のため中断、未完のまま刊行されることになりました。

スポンサーリンク