吉沢亮がキングダムで美しい!演技力がスゴい!と話題に

現在、俳優として大活躍している吉沢亮さん。吉沢亮さんと言えば、一人二役に挑戦した映画『キングダム』が大ヒットしましたよね!また、作中での吉沢亮さんが美しいと話題になりました。今回は、映画『キングダム』での吉沢亮さんの演技力や美しいと話題になった画像に迫ります!

映画『キングダム』のあらすじ

紀元前245年、春秋戦国時代、中華・西方の国「秦」。戦災孤児の少年・信と漂はいつか天下の大将軍になることを夢見て日々剣術の鍛錬を積んでいた。ある日、漂は王都の大臣である昌文君によって召し上げられ王宮へ。

王宮では王の弟・成きょうによるクーデターが勃発。戦いの最中、漂は致命傷を負うが、何とか信のいる納屋にたどり着く。「お前に頼みたいことがある」血まみれの手に握られていたのは、ある丘に建つ小屋を示す地図だった。「いますぐそこに行け! お前が羽ばたけば、俺もそこにいる…。信! 俺を天下に連れて行ってくれ…」そう言って力尽きる漂。漂が手にしていた剣とその地図を握りしめ、信は走り出した。

引用:シネマカフェ

吉沢亮の演技力がスゴい!

なんと映画『キングダム』で吉沢亮さんは一人二役を演じているのです!

主人公・信(山崎賢人)の幼馴染。

戦争孤児の奴隷で「将来は大将軍になる」という夢をもつ武芸に長けた賢い青年。

エイ政の身代わりになり殺害されてしまいます。

エイ政

秦の若き王。後の始皇帝。腹違いの弟である成蟜(せいきょう)が反乱を起こし、王宮を追われてしまいます。

信とともに王座奪還に向けて戦いに挑みます。

なんとも両極端な役ですよね!

この奴隷王様という全く逆の役を吉沢亮さんは見事に演じ切りました。

この吉沢亮さんのスゴすぎる演技力に観客からは

と絶賛する声が多数あがっていました。

しかも、吉沢亮さんはこの『キングダム』で第62回ブルーリボン賞助演男優賞を受賞しています。

私も『キングダム』観に行ったんですが、吉沢亮さんの演技力がスゴすぎて本当に同じ人が演じてるの?ってなっちゃいました!それくらい吉沢亮さんの演技は素晴らしかったです☆

美しい!と話題になった画像

映画『キングダム』での吉沢亮さんが美しい!と話題になりました。

普段の吉沢亮さんも十分美しいですが、『キングダム』での吉沢亮さんはもっともっと美しいみたいです!(笑)

ではそんな美しい!と話題になった『キングダム』での吉沢亮さんの画像を紹介しますね♪

引用:シネマトゥデイ

エイ政を演じる吉沢亮さん。

引用:キングダム公式Instagram

漂を演じる吉沢亮さん

とくにエイ政を演じる吉沢亮さんが美しいと言われているみたいですね~


引用:佐賀新聞Live

それにしても本当に美しいですね☆

吉沢亮のキングダムでの演技力がスゴい!美しいと話題になった画像にも注目!のまとめ

今回は映画『キングダム』での吉沢亮さんの一人二役というスゴい演技力や美しいと話題になった画像について紹介しました。

王様と奴隷という真逆の難しい役を見事に演じ切った吉沢亮さんの演技力は本当にスゴいですよね!

また、普段から美しい吉沢亮さんですが、『キングダム』の特にエイ政を演じる吉沢亮さんはさらに美しい!と思いました。

『キングダム』ですが、既に続編の公開が発表されていますよね。

続編でも吉沢亮さんの演技力や美しい姿に期待したいと思います♪

 

以上、「吉沢亮がキングダムで美しい!演技力がスゴい!と話題に」でした。

最後まで読んでいただきありがとうございました。