吉沢亮、大河ドラマの主役に抜擢!

様々な映画やドラマなどでオファーがたえない吉沢亮さんですが、2021年公開の大河ドラマ「青天を衝け」で主演を務めることが決定しました!

まだデビューして10年という若手俳優ですが、大河ドラマの主演を演じることができるのでしょうか?

吉沢亮さんの世間の声から大河ドラマにむけて現在取り組んでいることまで調べました!

吉沢亮、大河ドラマの主役に抜擢!

20211月の日曜2000スタート予定の大河ドラマ「青天を衝け」に主役の“渋沢栄一”役を演じることが発表された。

吉沢亮さんは2009年に「アミューズ全国オーディション2009 THE PUSH!マン」でRight-on賞を受賞したが、俳優としてはまだまだ若手でしょう。

そんなこともあり、今回の大河ドラマについて“時期尚早”との声も多い。

NHKは他局と違って、受信料からなりたっている。そのため、視聴者が満足のいく番組を作らなければいけない。

それもあり吉沢亮さんがこれからの新一万円札にもなる“渋沢栄一”を演じることに不安の声も絶えないのだろう。

 

吉沢亮さんは2009年にデビューして以来、「仮面ライダーフォーゼ」2号ライダーの仮面ライダーメテオを演じ、人気を集めた。

それから様々なドラマや映画、舞台までもこなしている。

振り返ってみるとデビューしてまもないが、様々な役をこなし、今回初主演にしてNHKの大河ドラマに抜擢されたことはまさに“飛ぶ鳥を落とす”勢いだ。

 

 

一番大河ドラマを不安なのは吉沢亮?!

「青天を衝け」で“渋沢栄一”役に抜擢され、世間では不安な声も多いが、一番不安におもっているのは吉沢亮さん本人なのかもしれない。

吉沢亮さんのスタッフが運営するツイッターでは、

まさか過ぎる大河の主演、

吉沢にはまだ早いと思われる方が大半だと思いますが安心してください。

僕が一番思ってます。その中でやれる事を精一杯やり抜きたいと思います。

とあった。

吉沢亮さんだけではなくスタッフも吉沢亮さんの活躍に大きな期待と少しの不安をいだいているのかもしれない。

吉沢亮さんの性格をみてみると、本人も“人見知り、インドア、根暗”というように言っています。

共演して俳優さんたちも、“喋らない、静か”と言われており、楽屋に入ってもすぐイヤホンをしてゲームを始めてしまうんだとか、、、、

そんな吉沢亮さんは大河ドラマの主演を演じることに

僕にお話をいただいて、ものすごく光栄だなと思う反面、プレッシャーも尋常じゃないくらいあって…。

不安はあるのですが、精一杯やりたいなと、渋沢栄一という人間の人生をしっかりエンターテインメントとして、精一杯やらせていただきます。

とコメントしています。

このことから、世間からの不安な声もあるなか大河ドラマの初主演に一番プレッシャーを感じているようだ。

 

吉沢亮の活躍を振り返って、大河ドラマに向けてとりくいること!

吉沢亮さんは昨年、2019年でデビューして10年が経った。

吉沢亮さん自身が昨年を振り返った時のコメントをみてみると、10周年というものに特別なものは感じはしていなかったようですが、映画『キングダム』が公開したり、朝ドラの『なつぞら』があったり、アニメーション映画『空の青さを知る人よ』で初めて声優の仕事をやったりと“勝負の年”だったようです。

一年間でとても大きく成長したのではないでしょうか。

これらの活躍もあり、2021年の大河ドラマも沢山の実力俳優がいるなか、主演を勝ち取ったのでしょう。

そして、2020年の目標を大河ドラマの撮影が始まるので、風邪をひかないように体力づくりに励んでいるのだとか。

「今まで筋トレとかまったくやってこなかったので、最近は家で筋トレしたり、走ったり、歩いたりもしてます。」

と大河ドラマに向けての取り組みを明かしていた。

 

まとめ

吉沢亮、2021年の大河ドラマ主役に抜擢!

しかし、世間からの不安の声も、、、

吉沢亮の性格からも大河ドラマを不安に思っている。

大河ドラマに向けて今は体力づくり!

となりました。

初主演にして大河ドラマと大きな壁かもしれませんが、これまでの演技でみにつけたことを生かして、吉沢亮さんなりに精一杯頑張ってほしいですね!

これからの活躍も期待しています!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。