向井理の嫁さんとの出会いのきっかけ「ハングリー」はどんなドラマ?

イケメン俳優で人気の向井理さん。2020年1月ドラマでも主演するなど大活躍ですよね。向井理さんと現在イクメンとも知られており、向井理の嫁さんは国民的女優の国仲涼子さんですで有名ですね。そんなお2人の出会いの場となったドラマハングリー」どんなドラマだったのでしょう。気になりますよね。今回は向井理さんの嫁さんとの共演ドラマ「ハングリー」のストーリー、ドラマでの2人の関係についてお話していきたいと思います。

スポンサーリンク



向井理主演ドラマ「ハングリー」ってどんな内容なの?

向井理の嫁さん国仲涼子さんと共演して話題になったドラマ「ハングリー」は2012年1月10日から3月20日まで、関西テレビとホリプロの共同制作により、フジテレビ系列で放送された、日本テレビドラマです。

このドラマの評価は高く80%以上の視聴者が好評価をしたドラマでした。

 

ドラマ「ハングリー」のストーリーは向井理さん演じる主人公の山手栄介がオーナーシェフをしていた母の急死をきっかけに目指していたミュージシャンの夢を諦め、母の意思を引き継ぎフレンチレストラン「HUNGRY」を開店し奮闘するヒューマンドラマです。

稲垣五郎さん演じる麻生時男によって何度も窮地に立たされますが、お店のスタッフ、ハングリーのファンである農園の娘・千恵とともに困難を乗り越える姿には胸をうたれたのを今でも覚えています。

 

また、このドラマでは向井理さん演じる栄介と、嫁である国仲涼子さん演じる橘まりあ、瀧本美織さん演じる大楠千恵の恋の三角関係も描かれ、最終的にどちらと結ばれるのかハラハラしてドラマを観ていた記憶があります。

ドラマ「ハングリー」で向井理の役どころは?

ドラマ「ハングリー」で向井理さんは主人公・山手栄介を演じています。

「ROCKHEAD」の元ベースでロックミュージシャンを目指していましたがフレンチレストラン「le petit chou」でオーナーシェフをしていた母・華子と30歳までに売れなければ母の店で働くと約束していたため30歳を機にメジャーデビューは諦め実家に帰ることを決意し奮闘していきます。

ぶっきら棒で口も悪いため、とっつきにくい印象がありますが、本当は仲間思いで、熱血漢であるため周囲の人の信頼も高いです。

 

そして何より料理の腕前が元バンドメンバーとは思えない腕前です。

ドラマ「ハングリー」で主人公を演じていた向井理さん自身も料理が得意でドラマの中でも、その腕前を披露して話題になっていましたよね。

ドラマ「ハングリー」での向井理の嫁さん国仲涼子の役どころは?


ドラマ「ハングリー」で向井理の嫁さんの国仲涼子さんは主人公・栄介の恋人役で出演していました。

橘まりあは昭和銀行で働く銀行員で、ロックでメジャーデビューを目指していた栄介を支え応援していた女性です。

 

彼を支えるために料理の勉強もしていたりと献身的につくしていました。

そんな彼女ですが突然ロックを諦めシェフを始めたことにショックを受け、そのことが引き金に亀裂が生まれ恋の三角関係を繰り広げたものの最終的には別れてしまいます。

スポンサーリンク



ドラマ「ハングリー」では結ばれなかったが現在は…

ドラマ「ハングリー」では恋人関係ではあったものの最終的には結ばれることはなく別れてしまった向井理さんと嫁・国仲涼子さん。

私生活ではドラマでの共演をきっかけに、交際がスタートし現在は2児のお子さんにも恵まれおしどり夫婦としても有名になりました。

向井理さんはドラマ「ハングリー」で見せていた料理の腕をお嫁さん、お子さんにも度々ふるまっているみたいですね。

家事、育児ともにこなすイクメンパパぶりを、お嫁さんである国仲涼子さんも本当に喜んでいるようですね。

 

今回、向井理さん主演ドラマ「ハングリー」についてお話ししてきましたが、ドラマの共演をきっかけに恋愛、結婚まで進み、現在も仲良し夫婦でいられるお2人は素晴らしいですね。

ドラマを出会いに結婚した人は離婚する可能性が高いとも言われますが向井理さんには、このまま幸せな結婚生活を続けてほしいものです。

 

以上、「向井理の嫁さんとの出会いのきっかけ「ハングリー」はどんなドラマ?」でした。

最後までお読みいただきありがとうございました。