NHKおはよう日本の歴代キャスターの中でも一番美人だと言われている和久田麻由子アナウンサー。ほくろが多いことでも有名ですよね。一部には和久田麻由子アナウンサーはほくろ除去したほうがいいなんて意見もあります。ほくろを除去したら、どんな顔になるのでしょうか?

スポンサーリンク


和久田麻由子アナウンサーの顔はほくろだらけ?

ほくろが増える原因ってしっていますか?

ほくろが増える原因はいくつかありますが、その中で一番多い原因になっているのが紫外線です。

 

紫外線、つまり太陽光を浴び過ぎるとほくろが増えやすくなるんですね。

和久田麻由子アナウンサーもこれまで色々な取材で現場に出ています。

紫外線が強くても、長袖で長ズボンで完全に手足を覆い、深い帽子をかぶれば対策は打てるでしょう。

 

でもテレビでの仕事となると、そんな恰好はできませんよね。

もちろんUVカットのスキンケアはしているのでしょうが、完全に紫外線をカットできるわけではないので、どうしても肌に影響が出てきてしまいます。

 

アナウンサーにとって、紫外線の浴び過ぎは職業病の一つと言っていいでしょう。

 

 

さて今回話題にしている和久田麻由子アナウンサーの顔のほくろはどうでしょうか?

写真で見てみましょう。

たしかにいくつかのほくろが確認できます

写真で見た限り10個はありますね。

 

確かにほくろは多いかもしれませんが、別段気になるほどでもないですよね~。

この写真もとってもかわいいです。

 

しかもテレビ画面に映ってしまうと、化粧をしっかりしていることもあってほくろはほとんど目立たなくなります。

最近のテレビでの和久田麻由子アナウンサーの顔はこちら。

どうでしょう?全然気になりませんよね。

スポンサーリンク


和久田麻由子アナウンサーはほくろを除去したほうがいい?

和久田麻由子アナウンサーのほくろは私としては除去しなくてもいいと思うんですが、皆さんどう思っているんでしょう?

ほくろを除去したほうがいいなんて声はありませんね。

 

それにほくろを除去すると跡が残っちゃう可能性もあります。

気にならないほくろを除去して、気になる傷跡が顔に残っちゃうなんて大変すぎますよね!

スポンサーリンク


和久田麻由子アナウンサーのほくろを除去したらこんな顔

それでも和久田麻由子アナウンサーのほくろを除去した顔が見たいという方はこちらをどうぞ。

画像処理をしてほくろを除去しています。

たしかにすっきりはしていますが、全然顔が違う、というわけでもありません。

やっぱり今のままの和久田麻由子アナウンサーがいいですね。

スポンサーリンク


まとめ

ほくろは自分で作ろうと思って出てくるものではない身体的特徴の一つです。

なのでほくろの数が多いなどというのは失礼な話で、ご本人に責任があるわけではありませんよね。

大変失礼いたしました。

 

でもそれでも言いたいのは

和久田麻由子アナウンサーはほくろが、あろうと、なかろうと可愛さに変わりはない!

ということです。

わざわざほくろ除去をする必要はないのではないか?と思います。

 

以上、『和久田麻由子のほくろは除去したほうがいい?ほくろ取ったらこんな顔』でした。

最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク