唐田えりか、インスタで「東出大好き」はフェイク?不倫報道の実際とは!?東出昌大との関係

スポンサーリンク




東出昌大さんとの不倫報道で話題になっている唐田えりかさん、そのきっかけの一つとなったインスタグラムでの「東出大好き」の投稿。このインスタグラムが拡散され唐田えりかさんの被害が大きくなっているのも事実ですが実は「東出大好き」の投稿がフェイクだという噂もあります。

現在、女優の杏さんの夫である東出昌大さんとの不倫報道をきっかけにドラマの降板、専属モデルからの削除などがあり窮地に立たされています。

私の唐田さんのイメージは清純派で可憐なイメージだったので、この報道を知った時には耳を疑いましたし、杏さん東出夫妻を応援していたのでショックが大きかったです。

今回は不倫報道も実際と東出昌大さんとの関係、そして話題になっている唐田えりかさんのインスタグラムでの「東出大好き」の投稿について追跡していきたいと思います。

唐田えりかさんと、東出昌大さんの出会い

唐田えりかさんと、東出昌大さんとの出会いは2018年公開の映画「寝ても覚めても」で共演をしています。この映画では濃厚なキスを繰り広げるなど濃厚な接触が多い内容になっており、ここで親密な関係になったのではないかと推測されます。

71回カンヌ国際映画祭に参加した際には階段を上る際に東出さんが唐田さんのヒールにの紐を直してあげたり、唐田さんの腰に手を当てドレスの裾を持ってあげエスコートするなどしていました。このニュースの時には密着度が高いなとは思っていましたが、不倫関係が報道されてからは、あのラブラブっぷりが自然にでたのにも納得しました。

スポンサーリンク



唐田えりかさんのインスタグラムでの思わせぶりな「東出大好き」の投稿

唐田さんはインスタグラムでも度々思わせぶりなインスタグラムを投稿しています。

東出さんと顔をぴったりくっつけている画像を上げたり、東出さんを思わせる絵画の前でキスするような投稿をしたり、ワインを男性と飲んでいる投稿をしたりと度々、東出さんとの不倫を公言しているようでした。

 

不倫報道が出る前は何とも思っていませんでしたが、不倫報道が出てから見返すと唐田さんが東出さんにゾッコンだったことが推測されます。

また杏さんは唐田さんと東出さんの不倫には気がついており東出さんを言い聞かせて何度も別れさせようとしたみたいですよね。それを知ってか知らずかは分かりませんが唐田さんが杏さんのインスタグラムの投稿に「いいね」を押していたというから驚きです。

この「いいね」が不倫相手の奥さん、ましてや格上の女優さんへの宣戦布告だったとしたら、凄い根性の持ち主だなと思います。

現在唐田さんのインスタグラムは削除され観覧できなくなっているようです。

 

で、「東出大好き」とされる投稿がこちら

 

一番左の文字を縦読みすると

「東出大好き」ってなっています!

 

これが本人の投稿かと思われました。

ですが、唐田えりかさんの公式インスタグラムのアカウントは「erika_karata」

この投稿は「erika_karate」となっています。

 

唐田じゃなくって空手って・・・

このアカウント自体が偽物ですね。

唐田えりかさんの東出昌大さんへのゾッコン具合が読み取れるインタビュー

唐田さんが東出さんにゾッコンだと思われることはインタビューでの反応で読み取ることができます。過去にインタビューで休日でも東出さんと一緒にいることが多いことや台本の読み合わせに付き合ってくれている、優しい方などと発言しており、東出さんにのめり込んでいることがうかがえますよね。

スポンサーリンク



不倫報道の後の唐田えりかさん側の反応

今回の不倫報道を受け唐田えりかさん側の事務所は「今回の報道を受け、本人は軽率な行動を深く反省しております。自分の弱さ、愚かさ、甘さを深く受け止め、向き合っていきたいと思っています。」と述べています。この記事から不倫は事実であったと認めたかたちとなっているのではないでしょうか。

不倫報道後の東出昌大さん側の反応

「東出大好き」のインスタグラムの投稿はフェイクでしたが、東出昌大さんとの関係は事実・・・

東出さん側も不倫報道について事実であることを事務所が認めており、本人も「大変ご迷惑をおけけしております」と謝罪しています。

現在、不倫をきっかけに別居している杏さんとの関係を何とか修復するために奮闘しているようですね。

 

恋は盲目とはよく言われますが、せっかく人気・知名度も上昇してきていたのに不倫によって地獄の底まで落ちてしまっては本末転倒ですよね。

まだまだ可能性のある女優さんです。自分が何のために芸能界に入ったのかを見つめ直し、不倫について反省し再び女優として頑張ってほしいです。

 

最後までご覧頂きありがとうございました。

スポンサーリンク