大槻公一が退職後に告白
大槻公一が退職後に告白

 国家戦略特区での獣医学部新設を目指し、学校法人・加計学園と事実上、競合していた京都産業大の教授をこの春に退職した大槻公一氏(76)が朝日新聞の単独インタビューに応じた。国家戦略特区での獣医学部新設を目指して加計学園と事実上、競合していた京都産業大の教授を今年3月末で退職した大槻公一氏が朝日新聞の取材に応じ、特区の選考過程で京産大が首相官邸に呼ばれる機会はなかった

スポンサーリンク



大槻公一が退職後に告白

退職祝いの相場 ここまで頑張って家族のために働いて下さったご両親に、お世話になった会社の方に退職祝いを

スポンサーリンク



大槻公一が退職後に告白

京都産業大の教授を今年3月末で退職した大槻公 一氏76が朝日新聞の取材に応じ、特区の選考過程で京産大が首相官邸に呼ばれる機会はなかったと明らかにした。

スポンサーリンク



大槻公一が退職後に告白

無所属現職の高日音彦氏(68)=自民、公明推薦、民主支持=の得票は1万5487票、 共産党新顔の大槻公一氏(54)は6259票。松山氏と高日氏とは420票の僅差(きんさ) だった。 今回の市長選は、06年1月の市町合併後の全市域の市民総意を初めて託す機会だった。合併後の評価以外に、汚職事件究明や大型事業への姿勢など、市政のあり方そのものが大きな争点になった。

スポンサーリンク