歌手の宇多田ヒカルさんが離婚していたという報道がありました。現在の結婚相手はイタリア人男性だったはずですが、たしか再婚でしたよね。宇多田ヒカルさんの離婚歴が更新されてしまいました。今回は宇多田ヒカルさんの離婚歴と子供に関する情報に焦点を当ててお届けします。

スポンサーリンク


宇多田ヒカルの離婚歴

宇多田ヒカルさんはこれまで2度結婚して、2回離婚しました。

それぞれ原因や経緯を見てみましょう。

宇多田ヒカルの離婚歴①

宇多田ヒカルさんが最初に結婚したのは2003年です。

相手は映画監督で写真かの紀里谷和明さん。

 

紀里谷和明さんは1968年生まれ。

宇多田ヒカルさんは1983年生まれなので15歳年上の男性と結婚したんですね。

 

そして離婚したのが2007年です。

約4年半の結婚生活に終止符が打たれました。

 

離婚の理由は明確に説明されていませんが、離婚に対して紀里谷和明さんは次のようにコメントしていました。

好きになるのに理由がないように別れることにも理由はない。

気持ちのことだから、何ひとつ解析できないんですよ。
解析できたら解決するもん。

結局、彼女は若すぎた。
俺は未熟だった。

また、当時紀里谷和明さんは、宇多田ヒカルさんに何かあれば何でもすると、コメントしています。

 

これに対し宇多田ヒカルさんは

創造の厳しさ苦しさ孤独をお互い抱えたまま、相手に甘える事が最後まで出来なかったと思う。

というコメントをしています。

 

結婚生活を送っていたのは宇多田ヒカルさんが当時20歳~24歳くらいとの間です。

この年齢だと結婚生活を営むよりも、外に出て社会の空気を吸っている方が楽しい年齢です。

 

離婚後宇多田ヒカルさんが、実は浮気をしていたこともあると語っています。

1回目の離婚については、どうやら宇多田ヒカルさんに原因があったようです。

スポンサーリンク



宇多田ヒカルの離婚歴②

2004年に離婚した宇多田ヒカルさんはその後しばらくは再婚はしませんでしたが、10年近く経った2014年5月に再婚します。

 

この10年の間に宇多田ヒカルさんにもいろいろありました。

2010年には音楽活動を休止しています。

そして2013年には母親・藤圭子さんが飛び降り自殺をしています。

 

そんな傷心状態で滞在していたイタリアで、次の夫となるイタリア人男性ランチェスコ・カリアーノさんと出会いました。

ランチェスコ・カリアーノさんの年齢はなんと宇多田ヒカルさんうよりも8歳年下。

1回目の結婚相手は15歳年上でしたが、2回目の結婚相手には年下を選んだんですね。

 

宇多田ヒカルさんがフランチェスコ・カリアーノさんと結婚したのが2014年5月です。

そしてそのフランチェスコ・カリアーノさんとの間に2015年7月第一子となる男の子が誕生しています。

 

離婚歴2回目となるフランチェスコ・カリアーノさんとの離婚ですが、離婚の原因は公表されていません。

離婚理由は推測するしかないのですが、詳しくはこちらの記事で書いていますが、おそらくフランチェスコ・カリアーノさんが宇多田ヒカルさんに強い劣等感を感じてしまったのが原因でないかと思います。

 

1回目の結婚相手の紀里谷和明さんとの間に子供はいなかったので、フランチェスコ・カリアーノさんとの間の子供が宇多田ヒカルさんの唯一の子供ということになります。

この子供は現在2歳で男の子ということは分かっていますが、名前などは不明です。

また、この子供の親権をどちらが取るのかに関する報道もまだされていません。

スポンサーリンク


まとめ

最後にサクッとまとめます。

 

宇多田ヒカルさんの離婚歴についてですが(離婚理由は推測です

離婚回数は2回

最初は日本人男性・紀里谷和明さん。
 離婚の原因は宇多田ヒカルさんの浮気。

2回目はイタリア人男性・フランチェスコ・カリアーノさん。
 離婚の原因はフランチェスコ・カリアーノさんが劣等感に押し潰されたから。

子供はフランチェスコ・カリアーノさんとの間に男の子が一人。
 親権をどちらが取るかは不明。

です。

 

以上、『宇多田ヒカルの離婚歴は?子供は何人?』でした。

最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク