福士蒼汰さんが主演、そして高畑充希さんが猫の声を担当する感動の映画「旅猫レポート」2018年10月26日に全国ロードショーです。原作は有川浩さん。原作を読んでおけば楽しさ倍増。でも読むのも大変なので、みんなの感想をみてみましょう。旅猫レポート原作の感想を集めました。

スポンサーリンク



旅猫レポートのあらすじ

ナナ(声:高畑充希)は人間との馴れ合いを嫌う誇り高き元野良猫。5年前、交通事故にあったところを心優しき猫好きの青年・悟(福士蒼汰)に助けられ、それ以来、悟の猫として幸せにくらしてきた。しかし、ある事情でナナを手放さなければならなくなった悟は、新しい飼い主を探すため、ナナと一緒に旅に出る。1人と1匹の旅の行方は―。

スポンサーリンク



旅猫レポートの感想

図書館本。正直この表紙を見ただけなら手に取らなかったと思います。でも 福士蒼汰で映画化ってポップを見て借りました。借りて良かった〜〜。最初はほのぼの読んでたんですが 段々 事情がわかってきてから もう泣きっぱなし。動物モノには弱い私ですが これは特にやばかったです。

 

悲しい別れのお話しで最後は涙が止まらないのだが、読み終わった後はスッキリと前向きな気持ちになりました。 別れは誰にでも等しくやってきます。 だからこそ大切なものとのかけがえのない時間は笑顔で明るく過ごしたい。 誰かを恨んだり憎んだり僻んだり…そんな時間は無意味でもったいないと思い知らされました。 そして、犬より猫派の私としては、登場する猫の方が冷静で賢くて、犬の方がちょっとおバカに描かれているのにも面白く共感できました

 

最後の方は涙が止まらなかった… とっても良い作品だと思います。

 

サトルもナナも、お互いに離れたくないと思ってるのがバレバレ。 それがいじらしくて、たまらん気持ちになる。 旅の理由はなんとなく予測できつつも、やっぱり最後の旅からの部分は泣きそうになった…。 情景描写が美しくて、自分も一緒に旅してる気になれる、素敵な1冊でした。

 

有川浩はさらさら読みやすくて良い。 展開は最初から予想できたけど、ナナとサトルの最後まで思い合う気持ちに泣いた。その後も描かれていたのが良かった。

 

完全に油断しました。ちょっと息抜きに軽く読むつもりでだったのに…。途中からは出来るだけ1人で読めるタイミングを見つけて読むようにしました。 サトルとナナ、今でも仲良く旅をしてるといいなと思います。

 

電車の中で読んじゃいけない本だった。号泣してしまった。ナナとサトルの見る風景がリアルに浮かんでくる。旅が終わらないでほしい、読み終わりたくないって思った。映画も楽しみ。福士蒼汰はハマり役だと思う。

 

最後の方は泣きながら読んだ。別れは悲しいけどそれを受け入れて前向きな気持ちにさせてくれる作品。やっぱり有川浩さんの作品好きやわ〜!

 

‪ねえ、サトル。‬ ‪僕の旅も終わりを迎えそうだよ。‬ ‪でも、決して悲しくないよ。‬ ‪僕らは旅の思い出を数えながら、次の旅へと向かうんだ。‬ ‪先へ行った人を思いながら。後から来る人を思いながら。‬ ‪『僕はいついつまでも永遠にサトルの猫だからね』‬

 

かなり感動の作品みたいですね。

ここまで書かれるとちょっと読んでみたい気もしてきました。

実際に読んでみたら自分でもまた感想を書いてみたいと思います。

スポンサーリンク