おバカキャラだったはずが今やすっかりママタレントへと変貌を遂げた木下優樹菜さん。変貌と言えば彼女の歯も変貌を遂げていますね。並びが悪かったのをしっかり矯正してきれいな白い歯にしてしまいました。木下優樹菜さんの場合矯正はしたほうがよかったんでしょうか?

スポンサーリンク


木下優樹菜さんは歯の矯正をしたの?

木下優樹菜さんが歯の矯正をしたこと自体は間違いありません。

歯並びの悪い芸能人を複数人挙げると必ず上位グループに名前を連ねたのが木下優樹菜さんです。

 

これが矯正前の写真です。

目もそむけたくなる、というわけではありませんが、一般的程度に歯並びがガタガタしていますね。

加えて少し黄ばんでいます。学生時代はヤンキーだったと公言している彼女ですから、タバコのヤニで黄色くなったのかもしれません。

 

 

で、これが歯の矯正後の写真です。

歯並びがすごくきれいになっています。

さらに歯も白くなっています。

スポンサーリンク



木下優樹菜さんは歯の矯正をした方がよかった?

木下優樹菜さんの場合、歯の矯正は成功だったのでしょうか?失敗だったのでしょうか?

 

私は木下優樹菜さんの歯の矯正は成功だったと思います。

上で紹介した写真を並べてみるとよくわかります。

正直同一人物だとは思えません。

矯正後の方がずっとずっと美人さんですよね。

カメラのアングルとか、髪の毛の色とかの違いはあるにせよ今の方がきれいですよ。

 

大人になってからの歯の矯正は、リスクとして歯茎が下がって見えることがあるそうですが、木下優樹菜さんの場合はそのような事態も見当たりませんね。

矯正自体も、矯正による印象も成功といっていいでしょう。

スポンサーリンク


最近は大人が歯の矯正をするケースが多い

矯正というと子供がしているケースが多い印象がありますよね。

確かに以前は子供ばっかりでしたが、最近は20台以上の人の割合が増えてきています。

 

実に歯の矯正を行う20代以上の割合は4割に達しました。

依然20歳以下の子供が矯正をしているケースが過半数ですが、その割合は年々増えてきていて半々まであと少しという状況です。

そのうち20代から40代までが8割を占めるので、全体としては3割強を占めていますね。

 

歯を矯正すると

  • 歯周病になりにくくなる
  • しっかり噛むことができるて、消化がよくなる
  • 頭痛や肩凝りが改善するケースがある

などのメリットがあります。

ただ、やはり子供に比べると歯の移動スピードが遅いので治療に時間とお金がかかること、矯正しても後戻りしてしまう可能性があるなどのデメリットもあります。

やっぱり歯並びの悪さは子供のうちに矯正してしまうのがいいみたいですね。

 

でも大人になってからでも遅いということはなく、一番悪いのはひどすぎる歯並びを矯正もせずほっておくことですね。

この考え方が増えてきたために、近年歯の矯正をする大人が増えてきているんですね。

 

もっとも木下優樹菜さんの場合は、歯周病とか咀嚼とか肩凝りや頭痛を改善するためではなく、芸能人なのでテレビに映る自分をよく見せるためでしょう。そういう意味では化粧と同じですね。

結果としてきれいな歯並びになったので良かったと思います。

スポンサーリンク


まとめ

木下優樹菜さんの場合、歯の矯正をしたことは成功です。

さらにホワイトニングも行ったようで歯の白さが際立ちますね。

きれいな顔立ちがより一層かわいく見えます。

 

また大人になってから歯並びを矯正するのは時間とお金がかかるので、治療は早いほうがいい。

子供のうちにできるのがベターだが、大人になってからでも遅いということはないのです。

歯並びが気になる人、歯周病や頭痛、肩こりが酷い人は、今からでも歯の矯正を検討してもいいですね。

 

以上、『木下優樹菜は歯を矯正は成功だったのか??』でした。

最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク