2018年からは中日ドラゴンズでプレーすることになる松坂大輔選手。今季の成績はどうなるか気になって調べてみると、ちょっと変わったキーワードが出てくるんです。それは「 商売」。松坂大輔選手のは柴田倫世さん。フリーアナウンサーのほかに何か商売してましたっけ?

スポンサーリンク



松坂大輔選手の嫁は柴田倫世さん


松坂大輔選手の嫁は柴田倫世(しばたともよ)さんです。

実は日本テレビの女子アナウンサーだったんです。

 

柴田倫世さんが女子アナとしてテレビによく出ていたのは今から17~18年前ですから、最近の若い人は知らないかもしれませんね。

でも今の男性アラフォー世代には人気のある女子アナウンサーでした。

 

なぜ人気があるかというと、かわいいのはもちろんですが、何といってもそのスタイルの良さです。

特に男性の視線を集めてしまうのが、柴田倫世さんのバストです。

実に88cm、Fカップというのですから、世の男性諸君は松坂大輔選手を羨んだものです。

 

関連記事:柴田倫世の画像集めました。

 

ちなみに現在松坂大輔選手は嫁とも子供とも別居中です。

松坂大輔選手は2015年に日本に帰国しましたが、嫁はアメリカで子育てをしたいからと言って帰国を拒否。

元の住居であるアメリカ・ボストンの高級マンションに残ることになりました。

 

この高級マンションというのがすごくて、周りにはアメリカのセレブが多く住む住宅地で、緑も多く生活しやすい場所です。

しかし高級というのがすごい高級で、家賃はなんと月額400万円。

 

加えて教育熱心な嫁は3人の子供にそれぞれ教育費を年間1000万円以上かけています。

実に家賃と教育費だけで年間5800万円の支出です。

 

この高額出費を支えるのが松坂大輔選手のプロ野球選手という商売です。

メジャーリーグを後にして、日本に帰国しましたが、福岡ダイエーホークスとの契約金は3年間で12億円。

これだけあれば、嫁の希望もかなえられます。

 

しかし、2018年から中日ドラゴンズとの契約した松坂大輔選手の条件は年俸1500万円+出来高払い。

とても現在の支出を支えきれません。

 

それでもボストンに住み続けるっていうことは、本当に嫁の方が何か商売をしているのかもしれまん。

スポンサーリンク



松坂大輔選手の嫁・柴田倫世さんの商売って?

さて、松坂大輔選手を調べてみると、こんなワードが出てくるんです。

この中で???というのが最後の「松坂大輔 嫁 商売」のワードです。

先にも書いたように松坂大輔選手の妻・柴田倫世さんは元アナウンサーで、日テレを退社した後は、フリーアナウンサー、タレントとして芸能活動をしていました。

フリーアナウンサーやタレントはいわゆる個人事業主になるので、商売と言えば商売ですが、ちょっとにニュアンス違いますよね。

 

商売っていう言葉のイメージとしてはカフェとか、ファッションショップなどを経営しているイメージがあります。

でも松坂大輔選手の嫁がそういうことをしているという話は聞きません。

 

これから柴田倫世さんがアナウンサーとして活躍する未来はあまり想像できません。

タレントとしても、女性誌にちょっと出るくらいでガツガツ稼ぐという状況にはなりそうにもありません。

 

これだけの高支出をどうやって支えていくんでしょうか?

もしかすると、松坂大輔選手の高給をもって実は不動産投資や株式投資をしていて既に資産形成がバッチリなのかもしれませんね。

不動産投資や株式投資なら商売って言ってもいいかもしれません。

スポンサーリンク



まとめ

最後にサクッとまとめます。

 

松坂大輔選手の嫁・柴田倫世さんの商売についてですが、

・現在はタレントとして雑誌に出る程度

・何かの経営をしているという意味での商売はしていない

です。

 

なので、正直なぜ「嫁 商売」というワードが出てくるのかわかりませんでした。

タレントとして芸能活動を商売として出的のかもしれません。

 

以上、『松坂大輔 嫁の商売って何?』でした。

最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク