ドラマなどで活躍中の松岡茉優さん。最近子役時代を振り返った発言が注目を集めてます。ドラマ等で大活躍の松岡茉優さんですが、子役時代は決して順調なものではなかったと言います。

今回は松岡茉優さんの子役時代から、当時の出演ドラマまで、一挙その歴史を紐解いていきます。

スポンサーリンク



松岡茉優さんは遅咲き?

松岡茉優さんは、女優としては少々遅咲きだったそうです。

 

松岡茉優さんご自身も、

「私は若手女優の中では遅咲きだと思ってる。10年くらい売れてないので。オーディションには全部で500くらい落ちてる。」

と明かしています。

 

今でこそ大ブレイクを果たしている松岡茉優さんですが、まさかこんな不遇な子役時代を送っていたとは驚きですね。

子役時代にオーディション500回落ちても、さらに受けるってすごいですね!

松岡茉優さんを有名にしたものは

そんな遅咲きの松岡茉優さんですが、ある作品をきっかけに一気にその名が世間に知れ渡ることになります。

その作品こそが、2013年に放送された、NHKの連続テレビ小説の「あまちゃん」です。

 

この作品で松岡茉優さんは、能年玲奈さん演じる主人公、天野アキが所属するアイドルグループのリーダーである入間しおりを演じました。

 

この作品をきっかけに松岡茉優さんは、演技派女優としても評判を獲得していくことになります。

子役時代の長かった下積み時代があったからこそ、松岡茉優さんはこのようにチャンスを掴めむことができたのだと思います。

松岡茉優さん 子役時代の出演ドラマは

松岡茉優さんは2008年、テレビ東京の「おはスタ」でおはガールとして出演していました。

そんな松岡茉優さんが子役デビューを果たしたのはテレビドラマの「受験の神様」。

 

あまり順風満帆とは言えない子役時代だったとのことですが、その中でもしっかりとチャンスを掴み、ドラマ出演も果たしていたようです。

 

ちなみにドラマではありませんが、「あまちゃん」の劇中に登場するアイドルグループ「GMT」のメンバーとして、紅白歌合戦にも出演しています。

スポンサーリンク



松岡茉優さん 最近の出演ドラマは

朝井リョウさん原作の小説「桐島、部活やめるってよ」を始め、人気漫画を映画化した「ちはやふる」にも出演。そのほかにもNHK大河ドラマ「真田丸」にも出演しています。

 

やはり実力派女優だけあって、有名映画やドラマにおいて、幅広い役柄を演じています。

ざっと挙げるだけでも、そうそうたる作品に出演していますね。

松岡茉優さん 子役時代への発言に大批判!?

事件が起きたのは、松岡茉優さんがカンテレの「おかべろ」に出演した時、松岡茉優さんご自身の不遇な子役時代を語った時のことでした。

 

ある記者によると、松岡茉優さんはご自身が出演されたオーディションに関して、

「それこそゴミ子役が集まって部屋で待っていた」と少々過激に描写

そしてその話の中で、当時人気を博していた美山加恋が遅れて参加してきたことで、そこで待っていた子役たちが全員帰らされたことなどを赤裸々に明かしました。

 

しかしネットではこの発言が物議を醸しています。

「わざわざ個人名出さなくていいのにな。性格悪っ。」

「そんな美山よりも、今の自分の方が売れてるといいたいのかな。」

「ゴミ子役って他の人に失礼だろ。何なんだ、こいつ。」

と、批判的な発言も多く寄せられています。

 

率直な意見が売りでもある松岡茉優さんですが、今回の子役時代を振り返った発言に関しては、効果が裏目に出てしまったようです。

松岡茉優さん 子役時代のゴミ扱いの真実

 ここまででお分かりの通り、巷で囁かれている松岡茉優さんのゴミ扱いの子役時代については、

松岡茉優さんご自身が子役時代を振り返った際の発言からきていることがわかりました。

 

確かに松岡茉優さんご自身も振り返るように、ドラマ出演も一筋縄ではいかない不遇な子役時代であったことは事実のようですが、

ゴミ扱いとの描写は、あくまで松岡茉優さんがご自身の子役時代について自虐的に振り返っただけのようです。

 

まるで松岡茉優さんが子役時代にドラマでゴミ扱いを受けていたかのような噂が一人歩きしていますが、

実際はそこまで残酷なものではなかったようです。

 

とはいうものの不遇な子役時代であったことには変わりはなく、

ここまで地道な努力を積み重ねてきたからこそ、現在の松岡茉優さんがあるのだと思います。

スポンサーリンク



「松岡茉優の子役時代のドラマは?不遇の連続!?ドラマ出演やゴミ扱いの裏側まで」のまとめ

今回は、松岡茉優さんの子役時代から最近の出演ドラマを振り返り、さらにゴミ扱いだったと囁かれる子役時代についての全容に迫ってきました。

真相は、松岡茉優さんご自身が子役時代を自虐的に振り返った発言が原因であり、その発言にはネットで非難の声も多く寄せられました。

しかし、現在多くのドラマで活躍中の松岡茉優さんの姿は、不遇な子役時代を乗り越えたからこそ実現できたものなのだと感じます。これからも松岡茉優さんの活躍から目が離せません。

 

以上、「松岡茉優の子役時代のドラマは?不遇の連続!?ドラマ出演やゴミ扱いの裏側まで」でした。

最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク