林田理沙アナの実家がすごい!?家族や進学先、お金持ちの噂に迫る

林田理沙アナは「ブラタモリ」の5代目アシスタントや「NHKニュースおはよう日本」で活躍中のNHKアナウンサー。今ネットでは、その林田理沙アナ実家がすごいと噂されているんです。今回は、そんな林田理沙アナのすごすぎると噂の実家についての全容に迫っていきます。

林田理沙アナ

林田理沙アナは1989年、長崎県生まれ。身長は153cmの実力派アナウンサー。

 

出身は長崎とのことですが、林田理沙アナは幼少期から神奈川県に住んでいたとか。

学生の時から「News Access」や「au ヘッドライン」の学生キャスターとして活躍されていたそうです。

 

林田理沙アナの実力は学生の時にはすでに確かなものだったんですね。ちなみに相性は「リンダちゃん」として親しまれています。

林田理沙アナの実家、ご両親は?

林田理沙さんのご両親は長崎県出身。

 

林田理沙アナの祖父母は現在も長崎県にお住まいとのことなので、

しかし林田理沙アナは幼少期神奈川県で育ったとのことですから、ご両親のお仕事の都合で引越しをしたのではと言われています。

林田理沙アナの実家はお金持ち?

今一部では林田理沙アナの実家がお金持ちだとの噂が広がっています。

その理由は、恐らく林田理沙アナの学歴によるところが大きいと思います。

 

なんと林田理沙アナは、幼稚園から高校まで湘南白百合学園に通っていました。

林田理沙アナが通っていた湘南白百合学園は、幼稚園から高校まで一貫教育を手がけるお嬢様学校です。

 

学費は毎年100万円ほどはかかるそうですし、そこに幼稚園から高校まで通っていたとなると、やはり林田理沙アナのご実家はお金持ちだと言えるのではないでしょうか。

林田アナ理沙のご実家は英才教育!?

林田理沙アナのご実家は、幼少期より林田理沙アナへ英才教育を行なっていました。

その一つがピアノです。林田理沙アナは幼少期、プロのピアニストを目指して、プロのピアニストに習っていたそうです。

 

ピアニストになりたい娘にプロのピアニストを講師につけるなんて、やはり只者の家庭でないことは確かなことです。

 

ピアノ以外にも、林田理沙アナのご実家では、林田理沙アナに茶道やテニス等の習い事等もさせていたとか。

ここまでの英才教育を実家から受けてきた林田理沙アナ、現在の聡明さも幼少期からの教育に由来しているのでしょう。

林田理沙アナは絶対音感の持ち主!?ご実家からの教育の賜物

プロのピアニストを目指していた林田理沙アナ、なんと絶対音感の持ち主。

絶対音感を生まれながらにして備えている人もいるみたいですが、後からトレーニング等をして身につけることもできるみたいです。

 

専門家によると、聴覚は8歳までに形成されるため、4歳から5歳までに音楽に素質を磨くような教育を受けると、絶対音感を後天的に獲得できる可能性が高まると言われています。

 

この点もやはり、林田理沙アナのご実家がそれだけの教育を与えることができる程に裕福であったことが大きかったということでしょうね。

林田理沙アナの大学進学先は?

これまで見てきたように、幼少期よりご実家から英才教育を受けてきた林田理沙アナは一体どこの大学へ進学したのでしょうか。

林田理沙アナは幼少期からのピアニストになるという目標のため、東京芸術大学へ進学をしました。

 

あの東京芸術大学に進学するだけでも十分すごすぎるのですが、それだけでなく東京芸術大学大学院に進学をしています。

大学院ではショパンをメインに音楽の歴史を研究されていたそうです。

幼少期からの目標を追いかけて大学院にまで進学できるなんて、才能だけでなく意思の強さも必要ですね。

まとめ

ここまで林田理沙アナの実家について、林田理沙アナの幼少期からの進学先や習い事等を中心に、お金持ちとの噂に迫ってきました。

 

そこから明らかになったのは、

確かに英才教育ともとれる程にすごい教育を与えてきたご実家の姿と、

それに埋もれることなく努力を続けてきた林田理沙アナの姿でした。

 

この両者が噛み合ったからこそ、現在の林田理沙アナの姿があるのですね。

今回も最後までお読みいただきありがとうございます。