人気俳優・瑛太さんの永山絢斗さん。読み方は何でしょうか?ちょっと読みにくいですよね。キラキラネームというわけではなさそうですが、教えてもらわないと、ちょっと読めない漢字です。ここでは瑛太さんの永山絢斗さんの名前の読み方や意味などをご紹介いたします。

スポンサーリンク



瑛太の弟・永山絢斗さんの読み方

ちょっと読みにくいですが、絢斗は「けん」と読みます。

瑛太は読みやすいですが、絢を「けん」はちょっと読みにくいですね。

 

絢は「あや」と読むほうが一般的ですよね

でも決して当て字などではありません。

 

絢を「けん」と読む読み方は

豪華絢爛(ごうかけんらん)

などで使われています。

 

ちなみに絢の意味は

色糸をめぐらした模様。また、きらびやかで美しい様子のことを言います。

 

 

絢斗さんの斗の字の方は、問題なく「と」と読めますね。

斗という漢字は水を汲むために使う「柄杓(ひしゃく)」を意味する字です。

 

意味としては

1. 容量の単位。十升のこと
2. 斗枡(とます)。十升を入れるます。
3. 器量の総称。ます
4. ひしゃく。
5. ひしゃくの形をしたもの「科斗(おたまじゃくし)」
6. 天の南・北にある星座
7. 少しの量。少ないこと
8. けわしい。とがる
9. たちまち。急に

などがありますが、名前としては北斗七星のイメージから宇宙や星などスケールの大きさを連想してつける場合が多いようです。

斗は「と」と読む漢字の中では大人気の漢字です。

以前は「人」という漢字がよく使われていましたが、最近は字面のかっこよさや、すぐに「ト」と読めるシンプルさから「斗」を選ぶ人が増えてきているようです。

 

となると、絢斗さんの名前は

「輝かしい人生を送ってほしい」そんな願いを込めて名付けられたかもしれませんね。

スポンサーリンク



まとめ

瑛太の弟・永山絢斗さんの読み方は

ながやま けんと 

です。

 

絢を「けん」と読むのは古くからの読み方で、キラキラネームでも当て字でもありません。

むしろ結構教養のある読み方ですね。

 

名前の通り絢爛な活躍を楽しみにしていましょう!

 

以上、『瑛太の弟|永山絢斗の読み方は何?キラキラネーム?当て字なの?』でした。

最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク