2017年7月17日放送開始の「コードブルー3」メインキャストが前回と同じなこと、それぞれ成長してみんなが主役級の役者さんなことで話題を呼んでいますね。でも題名になっているコードブルーってどんな意味なんでしょうか?なぜブルー?ほかの色もあるんでしょうか?これも気になるところですよね。

病院に通院している人の中には、実際に院内でこの言葉を聞いたことがある人もいると思います。コードブルーとはどういう意味なんでしょうか?じつはコードブルーとはスタットコールの一つなんです。そしてスタットコールにはブルー以外にもいろんな色があるんです。ここではコードブルーやほかの色の意味を解説していきます。

スタットコールとは

スタットコールとは、病院内で起こった緊急事態を医師に知らせるための緊急招集放送です。病院内で使われる隠語です。あからさまに放送してしまうとほかの患者さんが動揺してしまうかもしれませんよね。だから色分けした隠語を使っているんです。

コードブルーの意味

患者さんの容体が急変した場合の緊急コールです。スタットコールの中では一番よく使われているものです。

コードブルーの対象となる患者さんは原因不明で様態が急変している場合がほとんです。原因不明なのでとりあえず多くの医師を確保して不測の事態に対応しようというものです。コードブルーのスタットコールがなされば場合、手の空いている医師や看護師は全員、容体の急変した患者さんのところに行かなければいけません。

ドラマ「コードブルー」での意味の違い

ドラマの題名になっているコードブルーは、スタットコールの隠語「緊急事態発生!」という意味で使われています。

前作のときもドラマ中で「コードブルー」という言葉が使われていますが、ドクターヘリで現地は向い処置をして病院に搬送するときに使っています。ですが本来コードブルーは病院内でのみ使われる隠語です。ドラマのように病院外で使われることはありません。

ブルー以外の隠語

コードブルー以外にもスタットコールには様々な色があります。

コードレッドの意味

病院内で火災が発生した場合に使われるのが「コードレッド」です。レッド=火を連想させる隠語です。

コードグリーンの意味

これは日本ではほとんど聞いたことがないと思います。コードグリーンはテロが起こった時、またはテロにより多くの死傷者が出る可能性のある場合に使われます。日本ではテロはほとんど起こりませんが、最近の病院では万が一のためにルール化しているところが増えてきているそうです。

コードゴールドの意味

ゴールドと聞くと何やらめでたそうな感じもしますが、全く違います。コードゴールドは臓器移植に同意している患者さんが脳死状態になった場合に使われます。臓器移植も緊急蘇生と同じく時間との戦いです。一分一秒を争う状況に対応するために、その他に色々な手順やルールが綿密に決められています。

コードホワイトの意味

これは医師や看護師ではなく、警備員やガードマンを招集する目的で使われます。病院内で不審者が暴れたりするなどのトラブルが起こった時に使われます。

コードイエローの意味

緊急で患者様の搬入依頼があった事を知らせる緊急コール。

また別の意味で、患者様や患者様の家族の横暴(モンスターペイシェイト)等のトラブルを知らせる場合もあるようです。