デッドストックのドラマ第1話感想まとめ
デッドストックのドラマ第1話感想まとめ

スポンサーリンク


ドラマ「デッドストック」第1話のあらすじ

新たな仕事に就くことになったADの常田大陸(村上虹郎)は、テレビ東京・旧社屋のとある地下室へ。内容は、ディレクターの二階堂早織(早見あかり)、佐山暁(田中哲司)と、社屋移転時に出て来た膨大な未確認素材を確認するというものだった。無数のテープを前に圧倒される大陸。だが再生した心霊特番の素材に、レポーターが何者かに襲われるという何とも不可解な映像が…。早織はこの映像を検証して番組にすることを思いつく。

スポンサーリンク


ドラマ「デッドストック」第1話のゲスト

常田忍…中村優子
松本志保…飛鳥凛
ディレクター…野中隆光
包帯女…屋敷紘子
間宮武雄…酒向芳

【脚本】加藤淳也、三宅隆太
【監督】権野元

スポンサーリンク


デッドストックのドラマ第1話感想

相当怖いみたいですね。深夜帯のドラマですし、怖いの平気な人じゃないと見れませんね。