四月から学年が上がったり、新しい学校になったり、職場でも配置換えやメンバーの入れ替わりなどもあり、何かと気を使う日々という方も多いと思います。

そんな変化のある家族を支える主婦も一緒に落ち着かないと思います。そんな大変な四月が終るころ、一息つけるのが「ゴールデンウィーク」です。

 

毎年楽しみなゴールデンウィークですが、その年によっては飛び石になってしまって、思ったよりゆっくりできず終わってしまう年もあるので、日程はとても重要です。

2017年のゴールデンウィークの日程はどうなのか?何かとお金もかかるので、銀行や郵便局はやっているのかも併せてみていきます。

スポンサーリンク


2017年(平成29年)のゴールデンウイークの日程

2017年のゴールデンウィークは4月29日(昭和の日)が土曜日から始まりますので、4月30日が日曜日でお休みでまず二連休です。

5月1日はメーデーでお休みの方もいるかもしれませんが、1日・2日とは月曜日・火曜日なので通常通りですがそのあとは嬉しいです。

5月3日(憲法記念日)5月4日(みどりの日)、5月5日(こどもの日)が水曜日・木曜日・金曜日なので、6日、7日の土曜日・日曜日と連続するので、嬉しい5連休になります。

もし、5月1日・2日が休めるよという方は、なんと9連休です。
お正月休みより長くなります!

5日あれば、海外旅行も行けますし、国内旅行なら結構ゆっくりできますね!
帰省もゆっくりできそうです。帰省ラッシュやUターンラッシュも多少分散するでしょうか?折角いい日程なので有意義なゴールデンウィークにしたいものですね。

行政機関や銀行・郵便局のお休みは?

まず、ゴールデンウィークの行政機関のお休みですが、4月29・30日は二連休・5月3から7日は五連休でお休みになります。
5月1日・2日は通常通り開いていますので、手続きなどある方は連休前かゴールデンウィークの中日に行かれてください。

そして、銀行・郵便局のゴールデンウィークの営業日ですが、窓口は行政機関と同じで
5月1日と2日以外はお休みとなりますので、5月2日を逃すと窓口は8日まで営業しないので注意が必要です。

長い休日となると先立つものが必要になるので、ATMでお金を引き出される方も多いと思いますが、ゴールデンウィークの5月1日・2日以外は休日扱いになり、休日の手数料が必要となってしまいますので、出来れば4月28日までに、ですが混むことが予想されるので4月27日くらいを目途にATMの用事は済ませられた方がいいかもしれません。

ちなみにコンビニのATMはゴールデンウィークも関係なく使えますが、こちらも1日・2日以外は休日手数料扱いになりますので注意が必要です。

スポンサーリンク


ゴールデンウイーク豆知識:ゴールデンウイークはいつから始まった?

ところで、ゴールデンウィークっていつから始まったのかご存知でしょうか?
私が子供のころから当然の様にあるので、結構前なのは分かりますが、一体いつから誰が始めたのでしょうか?わからないので調べてみました。

1951年(昭和26年)の五月初旬に映画会社の「大映」が制作した「自由学校」という映画が大ヒットとなり、大映至上最高の売り上げを記録したので、大映の取締役の松山英夫という人が宣伝用語として「ゴールデンウィーク」という言葉を使い始めたのが一番の始まりだそうです。

その後、映画業界以外にもこの言葉が広がり、現在のように、春の連休のことを「ゴールデンウィーク」と呼ぶようになりました。
映画からきているとは意外でした。

スポンサーリンク


2017年のゴールデンウィークの日程まとめ

2017年のゴールデンウィークは日程が当たり年なので、何日も休めるので嬉しいですね。
気候もいい過ごしやすい時期なので、ちょこちょこお出かけしながらのんびりする日もあり・・というのもいいですし、普段なかなかとれない長い時間を趣味に没頭などもいいですね。もちろん帰省も旅行もいいです。

2017年のゴールデンウィークが素敵な黄金週間になりますように・・。

 

こちらの記事も読まれています

機内持ち込みスーツケースサイズ測り方

機内持ち込みスーツケースに液体整髪料入れても大丈夫か?

ゴールデンウイークに子どもと日帰りで行けるスポット【関西編】

ゴールデンウイークに日帰りで行けるけど混雑しない穴場スポットとは?

2017年のゴールデンウィークの日程と公共機関のお休みをチェックしましょう