女性にとってスタイルをキープするのは永遠の課題ですね。以前は見当たらなかったぽっこりがお腹の辺りに気になり始めたら要注意ですよ。

女性のお悩みでも上位に入るぽっこりお腹。最近はテレビで紹介されたあのドリンクが話題になっていますね。なんとココアがぽっこりお腹を解消してくれるというのです!

ぽっこりお腹の原因と解消したい私たちの強い味方について一緒に見ていきましょう。

スポンサーリンク


ぽっこりお腹の原因

女性のお腹が出てしまう原因は大きく分けて3つあります。

⑴筋肉不足  ⑵内臓の下垂  ⑶婦人科の病気の可能性

⑶に関してはまず病院で検査を受けることが大切です。定期的な健診で異常がないとわかれば⑴⑵のどちらか一方、あるいは両方が原因ということになります。

普段運動をしないで筋肉不足になると内臓を支える力が落ちてしまいます。そして日々の暴飲暴食などによって内臓が下垂、下に下がってしまうと、お腹が前に突き出したようになります。こうしてぽっこりお腹のできあがりです。

しかし最近もう一つ別の原因がわかりました。それが「むくみ腸」です!

「むくみ腸」とはその名の通り腸がむくんだ状態を指します。立ちっぱなしで仕事をすると足がむくんだりしますよね?同じことが腸でも起きているのです。足がむくむと一回り太くなることがありますが、むくんだ腸も太くなっています。

この太くなった腸がお腹を内側から押しているので、ぽっこりと突き出してしまうのですね。「むくみ腸」が原因でぽっこりお腹になっている場合には外から治そうと思っても治りません。

そこで強い味方がしょうがココアです。実際に歌手の石井明美さんがテレビ番組で実践したところ、ウェストが9㎝も細くなったそうです!これは見過ごせませんね。では実際に作り方をご紹介しましょう

 

スポンサーリンク



 

しょうがココアの作り方

ではしょうがココアの作り方を見てみましょう。

しょうがココアの材料

お湯200ml  ピュアココア5g(小さじ2杯半)

皮ごとすったしょうが5g(小さじ1杯)

ピュアココアは砂糖の入っていないココア100%のものを選んでください。しょうがの皮にショウガオールが多く含まれるため、必ず皮ごとすり下ろしましょう。この時チューブのしょうがを使いたい方は7.5gに増やしてください。

ココアはだまになりやすいので、最初にカップに入れておいて、お湯を少しだけ注いでかき混ぜます。その後にしょうがを入れて残りのお湯を加えると上手に溶かすことができます。

 

スポンサーリンク


しょうがココアでぽっこりお腹解消のやり方

しょうがココアにはぽっこりお腹を解消するためのルールがあります。

⑴しょうがココアを朝晩200mlずつ飲む

⑵最低3週間は飲み続ける

ルールといってもたったこれだけ。その他は普段通りに生活して構いませんし、厳しい食事制限もありません。

どうしてこれだけでぽっこりお腹に効くのかというと、秘密はしょうがとココアの成分にありました。

しょうがにはショウガオールという成分があります。これは体を温め血液の流れをよくします。漢方では風邪のひき始めに生姜湯を飲むなど実際に利用される成分です。

ココアにはココアフラボノイドという成分があります。こちらは心筋梗塞などを引き起こす動脈硬化を予防する成分として注目が集まっていますが、この血管に効く成分が腸に働きかけるというのです。

そもそもぽっこりお腹になる原因がむくんだ腸にある場合は、どんなに腹筋をがんばっても解消しません。そこでしょうがの温め成分で血流をよくして、ココアで血管を引き締めるというダブルの効果を狙っているのですね。

しょうがココアのココアには砂糖が入っていませんので甘味はありません。もし甘味が欲しい場合にははちみつを小さじ1~2ほど加えましょう。私のおすすめは甘味として甘酒を入れること。どちらも自然の甘味なのでおいしいですよ。

スポンサーリンク


まとめ

朝晩ココアを飲むだけですっきりしたお腹になれるなんて!今まで知らなかったので悔しくなりますね。

以前にもココアがお腹にいいとして売り切れたことがありましたが、今回も速くしないとスーパーの棚からなくなってしまうかもしれませんね。早速今日からしょうがココアでポッコリお腹を解消しましょう!