30代に入って洋服を着た時にスタイルが気になることありませんか?

特にお腹周りは気になる方が多いようで、一番のお悩みは下腹のぽっこりという声が多く聞かれます。大人の雰囲気のタイトスカートをはいた時のお腹…足のラインがきれいに見えるパンツをはいたときのお腹…今までの私のラインと違う!

恋や仕事に葛藤の多い20代を乗り越えたのですから、落ち着いたおしゃれを楽しめるのが女性の30代。下腹に負けてはいられません。

スポンサーリンク


30代女子のぽっこりお腹、お腹だけがぽっこりする理由

一番大きな原因は新陳代謝の衰えです。女性の新陳代謝のピークは10代前半なので、いわゆる成長期に当たります。成長期から10年以上たった30代には新陳代謝はかなり落ちてしまっていますので、食べたものがエネルギーにならずにぜい肉になってしまうのです。

新陳代謝が落ちると脂肪がつきやすいだけではありません。エネルギーを作る力が落ちるので体を温めることができなくなります。女性は冷え性の方が多いと思いますが、新陳代謝が悪いことも原因になります。

お腹は内臓の周りを脂肪で覆って冷やさないように守るため、もともと脂肪のつきやすい部分です。新陳代謝をあげて冷えを解消しないと、この脂肪はますます増えるばかりです。

もうひとつの原因としては皮膚が弾力を失うことです。お肌の曲がり角という言葉がありますが、皮膚や体のお肉が曲がり角を迎える年齢は20~25歳頃です。曲がり角を迎えると皮膚は弾力を失います。つまり柔らかくなってきます。

柔らかくなった皮膚は重たい脂肪を支えることができなくなり、ぽっこりと前に突き出すようになってしまいます。これがぽっこりになる原因です。

30代の女性は新陳代謝の衰えとお肌の曲がり角を迎える年齢に当たるため、お腹周りの変化を一番感じやすいのです。

 

スポンサーリンク


ぽっこりお腹の解消法

先ほどの原因の中にぽっこりお腹の解消法のヒントがありましたよね?

それは新陳代謝をあげること、冷えをなくすこと、皮膚の弾力を取り戻すこと。普段の生活でこの3つを意識して改善するようにしましょう。

1、新陳代謝をあげる

エネルギーを燃やすには筋肉をつけることが一番大切です。自宅でも簡単にできる筋トレを毎日行うことで無理なく筋肉をつけることができます。

おすすめはスクワットです。下半身を中心に鍛えると、大きな筋肉を育てることができるため効率よく新陳代謝を上げることができます。

スクワットのやり方

⑴足を前後に大きく開きます。

⑵ゆっくりと腰を落としながら、前に出した足の膝を曲げていきます。

⑶太ももと床が平行になるところで10秒キープし、またゆっくりと腰を上げていきます。上半身が前後、左右に傾かないように気をつけましょう。まっすぐ下がってまっすぐ上がることが大切です。

⑷⑴~⑶を朝晩5回ずつ行います。

2、冷えをなくす

冷えをなくすために気を付けたいことは冷たい飲み物を控えることです。お風呂上がりのビールはキンキンに冷えているほどおいしいですが、内臓もキンキンに冷えてしまいますよね。

内臓が冷えるとさらに脂肪をため込もうと働きますので、ぽっこりお腹は解消されません。タイトスカートをはくためには、意識して温かい飲み物を選びましょう

またネギやニラ、生姜などの薬味のものを食べると体がホカホカしてきますよね。唐辛子などは特に食べると汗をかくほど体が温まります。食事のときにこういった薬味を添えることで冷えない体作りに役立ちます。

3、皮膚の弾力を取り戻す

10代のパッツンとしたお肌と違い、30代の柔らかくなった皮膚も女性としては丸みを感じて素敵だと思います。しかしぽっこりお腹ににつながるとなったら話しは別ですね。皮膚の弾力はお手入れによって取り戻しましょう。

皮膚の弾力を作る成分は細胞の中のコラーゲンやヒアルロンサンなどです。こういった細胞を活性化させるためにお腹にも美容液をつけることをおすすめします。

・皮膚の修復をしてくれるビタミンAを作るレチノール

・コラーゲンを活性化させるトリペプチド

・弾力を再生するビタミンBの一種であるパントテン酸

この3つの成分が配合された美容液ボディクリームをお風呂上りなどにお腹につけるようにすると皮膚の弾力やハリを取り戻す近道になります。

スポンサーリンク



 

まとめ

恋も仕事も落ち着いてくるのが女性の30代。落ち着いた大人の女性にぽっこりお腹は似合いません。3つのポイントを押さえてすっきりしたお腹を手に入れてくださいね。