2017年8月2日放送のドラマ「わにとかげぎす」第3話の感想まとめ
2017年8月2日放送のドラマ「わにとかげぎす」第3話の感想まとめ

アドセンス

わにとかげぎす第3話のあらすじ

スポンサーリンク


わにとかげぎす第3話あらすじ

深夜のショッピングセンターで警備員をしている富岡(有田哲平)は、職場や自宅に届く「お前は一年以内に頭がおかしくなって死ぬ」という脅迫状の犯人を突き止めようと待ち伏せをすることに…。金属バットを持つ富岡のただならぬ気配を感じたアパートの隣人女性・羽田(本田翼)は、こっそり富岡の後を追う。ついに脅迫状の差出人を突き止めた富岡だったが、男は「あの女のためなら何だってやる!」という謎の言葉を残して、逃げ去る。
翌朝、富岡はふとしたことから羽田がライターをしながら小説家になる夢に向かって努力していることを知る。さらに、羽田には忘れ去りたい過去があることを聞き…。
そんな中、ショッピングセンターに二人の新人警備員がやってきた。他者との距離感が異様に近い花林(賀来賢人)と、富岡とまったく視線を合わせようとしない雨川(吉村界人)。しかし富岡は雨川の顔を見て怒りがこみ上げる。果たしてその理由とは!?

スポンサーリンク


わにとかげぎす第3話のみんなの感想

ドラマ放送終了後に追記いたします。

 

スポンサーリンク


まとめ:わにとかげぎす第3話は自分で見よう!

感想は人それぞれですので、やっぱり自分で見てみるのが一番です。

わにとかげぎす第3話を見ていない人はぜひ見てください!

わにとかげぎす第3話の無用視聴の方法の方法はコチラ

 

以上、2017年8月2日放送のドラマ「わにとかげぎす」第3話の感想まとめでした。最後までお読みいただきありがとうございます。